心に響く言葉

昨日の新年開けて初めての、会社のミーティングで


黄木社長の話しが



やっぱり素晴らしかった。




20周年を迎えたMORINDA



「ただのネットワークの会社になるつもりはありません」



相手の為に時間を使う仕事



Do someting for the world

「世界の為に何か良い事をさせていただく」



企業理念は変わらず



だけど、新しく時代にあった戦略は加えつつ




次世代にバトンを渡していきたい、育てたい


と言う会社の想いを感じた




なぜか。




MORINDAを100年続く企業にするため





ビジョンがしっかりしている会社は何があっても



ブレないし変わらない。




そんな安定感のある企業?



だから、世界中に広がるし、受け入れられる




そんな未来型の人にフォーカスした次世代の企業




だから、まだまだ受け入れられにくいし



まだまだ偏見もある




だから、やりがいがある。





締めに話された、言葉を聞いて涙が出た。




人は完全ではない
人のせいにしない



あの人についていくではなくて

あの人のこう言う部分についていくがいい



人を尊敬する




一番大切な事を教えてもらえる、


尊敬できる社長のいる会社



ご縁に感謝?